2005年08月27日

とっておきな小さな物語

先月、佐藤雅彦さんがなんかかわいい本を出していたんですって!
しかも限定生産ですよ。

「トゥ−チカと飴」

「子供の仕事」

ほしーい。
けど、ユーザー登録したくないなあ。
本屋で注文してもとりよせてくれるかな。
あした紀伊国屋いってきいてみよう。
posted by KC at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

まどをあけたら少年ジャンプ

ぎんだまとディークレ・・・クロ・・・ク・・・・・なんとかマン(途中で思い出すことをあきらめた)を読みたい。

何急にって、なんか読みたいんですよ。

ちなみにぎんだまは最初の頃にちらっと読んで、あのだらっとした感がけっこう好きだなあと思ったけれどパンチなさすぎて続かなかった。だってあれ、気ィむいたら読みゃいいや的気分にさせられるじゃないですか。話もだらっとしてるけど読むほうもだらっと面白いっていうか。もしや今は違ってたらどうしよう。今はシリアスとかだったらどうしよう。かなりびびる。けれどジャンプならやりかねないと思ってしまうあたり、いまだにジャンプという雑誌をあまり信じていない自分を感じてしまうわけです。
鼻毛はぬいたし、っていうCMあったよね。誰も知らないっていうんだ。もう13、4年まえの話ですが。あ、嘘。もっと昔。ちょっとサバよんじゃった。TVスペシャルでアラレちゃんとドラゴンボール劇場版を2本立てでやったりしてた時代。摩訶不思議アドベンチャーだった時代。
窓をあけたら、って。
ジャンプのCMだよ。なんで誰も知らないの。ほんとびっくりする。
一瞬自分の捏造かと思ったけれど、いくらなんでも「鼻毛はぬいたし」なんて言葉、何もないところから出てきやしないよね。

友達が「おれはギャグまんがが嫌いだからぎんだまは読まない」っていうんですけれど、このあいだ「みどりのマキバオー」をすすめられました。
・・・・・・・すみません読んだことないのでわからないのですけれど「みどりのマキバオー」ってストーリーまんがなんですか?
なんだか少ししゃくぜんとしない。
posted by KC at 00:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

若手映画監督って誰かしら

なんて思ってクリックしたら!

豊田さんぁぁん!!

覚醒剤所持で逮捕・・・
あーあ・・・
posted by KC at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

いやいや舘さん

そんな爆弾発言より「昔から歌と演技はだめなんです」のほうにあたしびっくりしたよ。
ぶっちゃけすぎだろ役者。

舘ひろし「あの人」を想い...(FLIX)
posted by KC at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

すすんであかりをつけましょう

会社のトイレが人感センサーなんだけれどいつもまだいるのにもかかわらずバチリと電気切れます。
それで、「え?」とちょっと前のめりになるとまたバチリとつきます。

なにそれつねに動いてないとセンサーはたらかないの?
つうかそんな小刻みに動き続けるなんて不可能じゃないですか場所トイレですよ。どうなのこれ。

そう思い、友達に今日「このトイレいつも電気切れるんだけどなんで?」ときいたら、「ああ、これこれ」とセンサーのスイッチの横の小窓の中を見せられました。

「ここ長く設定しておけば大丈夫」

「あ、そうなんだ。へー・・・ん?」(今の設定を覗き込んだ)


・・・友よ。
いくらなんでも 10秒 じゃ用は足せねえよ・・・
(「空気じゃ腹はふくれねえよ」くらいの情けない言い方で。)←誰に通じるってんだ。
posted by KC at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京極さん新刊?

「邪魅の雫」京極夏彦(講談社)¥1,208 09/22
http://shop.kodansha.jp/bc/books/kpb/shin_09.html

今日はひどい雨です。
posted by KC at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

「毘」そして「愛」

新しい会社のバーベキューに行きました。(まだ入社してないのに!笑)
そこにいた人で上杉謙信好きの兄さんがいて、胸に「毘沙門」と書かれた謙信Tシャツを着ていて、あたしがそのTシャツがかっこいいと言ったら、ストラップを見せてくれてそのストラップには「愛」と書かれていて「うわっ直江だ!」と思わず叫んだら、周囲の人々に「てゆーかそこで話題が盛り上がることが信じられない」とまんまと変人のレッテルを貼られました。
ま、まだ正式入社もしてないのに・・・
つか謙信の墓の写真とか見せてもらった。うらやましかった。
行ってみたいけど米沢は遠い。いくらなんでも遠い。
ああでもいいなあ米沢・・・
posted by KC at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

ほしい本(小説)

一般書は発売日をおっかけるのが大変だからふと見つけて買うことが多い。

「ブラックサッド 凍える女」フアン・ディアス・カナレス原案 / フアーノ・ガルニド作画 /
大西 愛子訳(早川書房)

「ヴェロニカの嵐」茅田 砂胡(中央公論新社)

あれ、漫画出てた。
「嘆きのサイレン 1」鈴木 理華著 / 茅田 砂胡原作(中央公論新社)
まえの「スカーレット・ウィザードプラス」がちょっと微妙な出来だったから悩むけど、基本的に鈴木理華さんの絵はすきなんだ。
posted by KC at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マウス衝動買い

あまりにかわいく! ときめきました。
これが意外に使い心地は悪くない。

VFSH0091.JPG
posted by KC at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

あたしなら7本とも持ち去る

自販機でペプシ買おうとしてお金入れてボタン押したけどジュースが出てこなくておつりだけ出てきました。

それで思い出したのだけれど、何年か前の話。
会社から帰ろうとしたとき、自販機の傍の棚にペプシコーラが6本並べてあるのを見つけたんです。
なんじゃこりゃと近付いてみると、コーラの缶に矢印がむいていて、何か書いてあります。
というのもその棚の背面はでっかいホワイトボードになっていてるのです。
で、そのホワイトボードにはこう書いてありました。


『ペプシさんへ、110円入れてボタン押したら7本出てきました。フィーバー?』


ペプシにつっこむべきかメッセンジャーにつっこむべきかに本気で悩んだある日の夕暮れ。
posted by KC at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

それじゃいっそゴミ箱が一番安全だ

とあるプロパイダにつとめていた人がその頃の体験談を語ってくれました。

「朝来たら迷惑メールがン十通。朝っぱらから巨乳見てゲンナリ」―――うわー、ありそう。
「ディスプレイのアイコンがなくなってしまったという問い合わせ電話」―――ああ、よくあるよね。
「トレイをトイレと言い間違え続ける問い合わせ電話」―――へー・・・・・・ヘッ?!

いわく、「電話先でずっと受信トイレ送信トイレがって言うからこっちもつられてトイレって言いそうになって大変で大変で」


まったくもって何を受信し何を送信する気なのか。

posted by KC at 22:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

たぶん相撲部

今日の仕事の帰り、私の脇をチャリンコでさっそうと駆け抜けていった若干ポッチャリ系の推定中学生が着ていたTシャツのバックプリントに

今の時期は太ることに専念しておけ

と書いてありました。


posted by KC at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

田舎の同人事情

今日はすごい雨だったので歩くのイヤでいつもと別ルートでかえってきた。
で、ついでなのでそのルート中にある同人ショップなんかへ行ってきましたよ。久しぶり。
あんまり行かないので行くたびに装いがかわっていて目がチカチカします。
んで、好きなサークルさんがまえにそこへ委託していたことを思い出して目を皿のよーにして探していてふと気付いたけれど、そのサイトさんは「バッテリー」ジャンルだった。
そして私の目の前に広がる棚一面のユニフォームは・・・「おお振り」じゃん! バッテリーいっこもないじゃん!
ちくしょう田舎はでっかいジャンルしか並ばないからおもしろくないや!
とゆーことで、ちょっとしょんぼりしながら某大手の鋼本など買って帰ってきました。
京極とかアリスとか桜井とかやってっときに好きになった人だから、鋼でこんなに大手になっていて仰天しましたよ。
久々に買ったわ。同人。
posted by KC at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦後60年、毎日新聞の世論調査

毎日新聞が戦争の評価などについて全国世論調査を実施したんだそうです。

思うに、戦争が間違いであったかどうかということをこの期に及んで議論してもしょうがないのじゃないですかね。
ていうのも、現実に戦争は行われて、それに負けて、その歴史のうえでいまの日本社会が存在しているわけで、それを間違いだったというのは、今の私たちの生活すべての否定になるんじゃないかと思うんですよ。
今やらなきゃいけないことっていうのは、正否を問うことじゃなくて、それが現実に行われたことであり、どれだけの犠牲を伴い、悲惨で残酷であったということを何度でも繰り返して伝えていくことなんじゃないかと思うのです。
自分の周りの話ですが、この頃の人というのは、悲惨だったり残酷だったりする話を殊更避けるんですよね。積極的に話題にのぼる悲しい話は、たとえば失恋の話とか、本人にしてみれば辛いけど周りにしてみれば滑稽にうつるような話ばかりで、心底辛い話には耳を塞ぐ。まあ、積極的に暗い話をする必要もないけどさ、さすがに「やめようやそんな暗い話」とか「あたしそういう悲しくなる話嫌いなんだよね」とか言われ、やにわに怒られたりしちゃってあたしがへこむっちゅーの。て話ですよ。(結局自分の話ですか。)
だから小学校は「ウゼー!キモイ!」と言われながらも飽きるほどはだしのゲンを子供に見せてやればいいとおもう。もういっそ高校くらいまで毎年見せてやればいいとおもう。ていうかテレビでやっちゃえよ。ずがーんと。はだしのゲン、実写化! みたいな!
とても気持ち悪そうで視聴率がとれそうにないので、若者たちの注目を集めるために、実力派イケメンたちを余すとこなく使って彼らの肌をベローンと剥いてしまえばいい。ウジを湧かせてしまえばいい。血尿ジャージャーながさせればいい。どうだ。話題騒然じゃないか。あたしは応援するヨ! イケメン俳優たちに「あんた、顔だけじゃなかったんだね!」ってエールを送るよ!(←相変わらず超失礼な偏見。)
posted by KC at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

ついでに東映公式を見た

ディスクアニマルの声 って・・・アナタ・・・
posted by KC at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

響鬼「二十七之巻 伝える絆」

「トダヤマはかわいいかわいい」発言よりも、そんなザンキさんの真似をするヒビキさんにウケました。似てるし(笑)最後の謎の唸り(ため息?)が最強ウケた。あれで怒らないザンキさんてほんと大人物。
なんですかね。タケシ忘年会は大弟子自慢大会でもやっているのでしょうか。「ウチのトダヤマはかわいいんだ」「ウチのアキラだって負けてません」「いやいやウチの・・・」となんつう言い合いに参加できなくてちょっとさみしい思いをしてそうなヒビキさんが想像できます。だいじょうぶ今年は「ウチの少年は」と切り出せる!よかったヒビキさん。脱ハブ。
忘年会シーズンはぜひそんな大自慢大会を放送してほしい。期待してるよ東映さん。
というか、東映さんは同人娘たちをどれだけ食い物にすれば気が済むのでしょうか。先週からトドロキとザンキさんの両思いぶりはすごすぎだろう。そしてヒビキさんは先週のトドロキに対しての「ザンキさんザンキさんておまえはそれしか言えないのか」発言に続き、ザンキさんへの「トダヤマはかわいい」発言。ひっかきすぎです。びっくりするから。
あ、でも最後の花火シーンでトドロキがちょっとむくれてるのがかわいらしかったよ。あれはスイカが食えなくてむくれているのかヒナカちゃんの隣をザンキさんに取られてむくれているのか。(両方?)あきらかにザンキさんがトドロキをからかっていることはわかりました。ああ、トダヤマはほんとかわいい(笑)
今週はすっげえ何度も巻き戻しましたよ。ちょっとしたせりふがかわいくって!

あ、あとモッチーかわいかった!
あの子やっぱ大好き!
posted by KC at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

感想「ブラックサッド ― 黒猫の男」

ブラックサッド黒猫の男
フアン・ディアス・カナレス 原案
フアーノ・ガルニド 作画
大西 愛子 訳
早川書房 (2005.7)
これはハヤカワのブックナビ(とゆーCSの番組)で紹介されていた本で、気になったので買っちゃいました。
フランスの漫画ですよ。フルカラーですよ。ハードボイルドですよ。寺田克也先生絶賛ですよ。そりゃあなた買いでしょう。
んで今日届いたんですけどね。

んもう、ほんとカッコイイ!

打ち震えたね。
画力もさることながら、ストーリー展開のシブさ、テンポのよさが気持ちいい。
主人公のジョンがほんとかっこいい。目のあたりとか、すごい好き。(猫なのに!)
とくに留置所にいるときのしょぼーんとした顔が好きだ。

ナタリアの夢を見た。朝になった。とても哀しかった。

てゆうところ。ここが好き。このテンポが好き。
今月第2弾が出るらしいから買わなきゃ。と思っています。
あたし的には山田章博画伯が好きな人ならこの画風はけっこういいツボ入ると思うんだ。機会があれば一度みてみてくださいよ。
posted by KC at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

ほしいまんが(9月)

「WORST 12」高橋ヒロシ(秋田書店)¥410 09/08
「やじきた学園道中記 27」市東亮子(秋田書店)¥410 09/16
「フルーツバスケット 18」高屋奈月(白泉社)¥410 09/16
「ゆららの月 5(完)」潮見知佳(白泉社)¥410 09/16
「悪性−アクサガー 1」菅野文(白泉社)¥410 09/16
「仮面ライダーSPIRITS 8」村枝賢一(講談社)¥--- 09/21
「拝み屋横丁顛末記 5」宮本福助(一迅社)¥580 09/24
「泥に咲く花」さちみりほ(秋田書店)¥700 09/28
「ベルセルク 29」三浦建太郎(白泉社)¥530 09/29

SPIRITSは特別版がでるらしい。さいきん特別版ってはやりですか。

アクサガは買うかどうか悩みちゅう。
菅野文さんは特に趣味の範疇ではなかったのだけど、「北走新選組」でいきなりすごいクールな切り口をみせてびっくりした。
でも美形をあまり好まない私にとっては、クールビューティすぎる新選組の面々とか、若干耽美さを匂わせる作風とかはちょっと苦痛だった。のでしっかり読んでいない。
アクサガは、あのままのテンポでずっと行ってくれるならアリかなと思っていたり。
主人公がいい人になったらきっとげんなりする。そんな気がする。
posted by KC at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

おもしろ商品発見

ソリッドアライアンスのほかにも愛すべきあほ会社がありました。
その名もワコー。カー用品メーカーだそうですよ。
ITmediaがこのたびお伝えするイニDネタをこっそり(こっそり?)混ぜた件の記事によりますと、ワコーさんタカラと共同で新製品商談会を催したそうな。

むろん、私の注目商品は「ドアボイス」(仮)です。
付属のセンサーを愛車や自宅のドアに取り付けておくと、ドアを開けたときに、女性の声で「いってらっしゃい」「早く帰ってきてね」などと優しく声をかけてくれる(ITmedia LifeStyleより引用)
そうですが、ここにさらに帰ってきたとき用として「遅かったね」「寂しかったよ」「もうっ、あたしと仕事とどっちが大切なの」などといったバリエーションを増やせばきっと客層もグッと増えると思うのですがいかがでしょうか。
キャラクターもふやせばいい。むろん「姉」「妹」「メイド」「メガネっ子」と。問題はメガネっ子を音声のみでどう表現するかですが、だいたいにおいて「おかえりっ☆」「待ってたよっ!」とか元気に跳ね上がる系にしておけばメガネっ子シェアの半数くらいは納得してくれると思うのですがいかがですか。もしくはカチャリとドアをあけたとき「あっ痛ッ(カシャン)、やだもうぶつかっちゃった。メガネメガネ〜」(含ドジッ子)とかどうですか。そんなドアボイスの一人相撲聞いている暇あったらさっさとドア閉じて部屋に入っちゃってますか。それもそうかもしれません。

これからもどんどん追加していく予定らしいですよ。たのしみですね。(レジェンズ予告の総務さん調で)
posted by KC at 15:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

メルポ!

RYOさんオススメのメルマガ。メルポ。
今が旬のレンタルサーバ「ロリポップ」の発行するオモシロメール。
執筆者の身を切るような自虐文章がどこまで毒々しく続き、救いようのないまま編集後記までノンストップハイテンションを持続するすごいメール。
いちばん毒な部分はもうひとつの人格であるロリポおじさんに任せてるっぽく、ロリポおじさんは「ノーコメントだぽ!」とかかわいさを表に出した喋り方で責めていながらも人生相談のコーナーでは北方謙三先生ばりの役立たたずっぷり満載な回答で斬りまくってもうたいへん。おもしろいじゃん。

このごろロリポユーザー以外でも受信できるようになったらしいのでさっそく登録しなきゃ!

関係ないけどはじめてトラバしました。うへへ。
posted by KC at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。